早期教育はした方がいいのか、しない方がいいのか!?

保育園
この記事は約4分で読めます。

早期教育に意味があるのかないのか

早期教育に意味があるという専門家と意味はないという専門家それぞれいます。

育児書などを見ると、早期教育に意味がないという専門家が多いですね。

夫はできれば早期教育をしたいという希望があり、私は早期教育より子どもが興味があるものや才能がありそうなものをいろいろさせてみたいという考えです。

正直、一人目の子どもなので、期待をかけてしまう傾向があると自覚はしているので、できるだけ過度にならないように意識はしています。

いろいろさせて飽きっぽい性格になっても困るし、興味がないことを無理強いさせるのも困るし…どこまでしたらいいのかはいつも迷ってしまいます。

一般的に習い事は3歳児~がいいと言われていますが、うちの子も3歳になった今、結局何をさせたらいいか…迷ってしまいます。

今は夫が起業したりして、お金のゆとりもないので、習い事は諦めました。

お絵かきや工作などの芸術に関するものは基本保育園にお任せすることにして、休みの日は体を使って遊ぶことや動物を見たり触ったりすることをメインにしました。

たまに野菜や果物の収穫に行ったりしています。

英語教育もさせたかったのですが、今の現状で習わせるのは厳しいので、家で英語の絵本を見せたり、アマゾンプライムで英語教材を見せたりしています。

夫が英語得意なんですが、やっぱり発音はネイティブにかなわないので、子どもの好きな乗り物や動物が出てくる短い時間の動画をたまに見せています。

やっぱり小さい子は耳がいいようで、うまく発音しています。

夫がびっくりしていました。

今はお金をかけなくても勉強しようと思えばできる環境を作れると思っているので、お金がない分、創意工夫でがんばります。

小さいうちは五感を大切にしたい

5歳までは見える色が違うそうです。

大人には見えない色が見えるというのは有名な話ですが、耳も大人になるほど退化して蚊の羽音などは年齢が上がるほど聴き取れなくなります。

どれほど効果があるかは分かりませんが、テレビなどのフィルターを通さない自然の色、風やにおい、音などが一番の教材ではないかと考えています。

美術館や博物館に行くのもいいことだとどこかの専門家が言っていましたが、我が家のぼくは騒がしすぎて連れて行くのが怖すぎる…

特に男の子は触りたいと思ったら触らずにはいられない、見たいと思ったら見ないと気が済まない性質があるので、連れて行くのはためらってしまいます。

やたら虫を触りたがるので、これは保育園と夫にお任せすることにしました(苦笑)

保育園の園庭遊びの中に虫を触ったり観察するようにしてくれているので、助かってます。

水族館や動物のふれあい体験、乗馬体験など、お金がかからない範囲で行くようにしています。

うちの子は図鑑や動物の絵本・テレビが好きなので、実際に見に行くと必ず、絵本で読んだねと話してくれます。

絵本を読んでいても水族館で見たなぁと話が弾むので、2・3か月に1度は行くようにしています。

雨の日とかは児童館や水族館がおすすめです。

すごく興味津々で楽しんでくれるので、よく寝てくれますしね。

絶対音感は5歳まで

私の母が音大出身で自身も小さい頃からピアノを習っていたようです。

私も妹もまったくピアノが弾けないのですが、母曰く、5歳までにバイオリンを習わせるべきだそうです。

絶対音感と言われる感性は、5歳くらいまでに身に着けられるそうで、それまでに楽器を習わせるのが一番よく、中でもバイオリンが一番適していると言っていました。

バイオリンは自分で音を探して作っていく楽器なので、音感を育てるのに一番いい楽器。

小学校に上がるまででいいから、孫には習わせたいと言っていましたが、習い事としては高額なので、もう諦めました。

ものすごく薦めるので、それなら出資してよ、というとそんな余裕ないと一蹴されてしまったので、もういいかなと思っています。

ずっと習わせなくてもいいので、3歳~小学校に上がるまで続けていれば、音感は身に着くそうです。

個人的には、3歳から習わせるなら、音への感性が必要な楽器や英語などの外国語が一番いいかなと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました